アクセス数にとらわれ過ぎない

[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

アフィリエイトをやっていると、どうしてもアクセス数って気になりますよね。
このサイトでもご紹介しているようにアクセス解析も多種多様、多機能なものも無料でいろいろありますし、
それこそそれらをつかいこなそうと思ったら、
それだけで相当の時間をかけなくてはいけないほどですよね。
ですが、
アフィリエイトってアクセスを稼ぐのが大事なのでしょうか?
もちろんアドセンスやYoutubeアフィリエイトなどはアクセス数ありきのものですが、
物販や成果型のアフィリエイトは必ずしもアクセス数が多ければいいというものでもありません。
コンバージョン=成約率というものがありますが、
これが高いことのがよっぽど大事です。
クリックしてもらった中からどのくらいの人が購入まで至ってくれるか、
成約してくれるか?
これが大事です。
そのためにはもちろんクリックしてもらわないといけません。
100クリックに1件とか、
アフィリエイト内容によって、だいたいの目安があると思います。
ですから、大事なのはクリックしてもらうことです。
クリックしてもらうためにはアクセスしてもらうことが必要ですから、
結局やっぱりアクセス数が必要じゃん!
てことになりそうですが、
ここでいう必要なアクセスは、
クリックしてくれる可能性が高い人が来てくれるのが大事ということです。
ものすごく人が来ているけどクリックされないサイト、
いくらも人が来ていないけど、クリック率の高いサイト。
当たり前ですが、どちらが良いサイトかといえば、
後者の方ですね。
良いサイトというか、
アフィリエイトで稼げるサイトです。
ですから、
時間があるだけ、アクセス解析とにらめっこしたり、
アクセスを増やす施策ばかりを考えたりするのは時間の無駄ということになります。
とにかく記事を書いたり、サイトを創ったり、キーワードを拾ってきたリ、
ということに、まずは時間を使うべきです。
実際に私が所有しているサイトにも、
それほどアクセス数があるわけでもないけど、クリック率と成約率の高いサイトと、
その10倍近くのアクセスがあるのに、なかなかクリックされない、成約率の低いサイトがあります。
もちろん情報の内容にもよりますが、
そのサイトにアクセスしている層が全く違うわけです。
広く浅く、情報を取りに来ている人と、
深く濃い、購買欲の高い人は全く違うんですね。
もちろん作ってみなければわからないこともたくさんあると思うので、
とにかくサイトを作ってみないことにははじまりません。
ですから、
アクセス解析、もちろん設置しておくことはおすすめですが、
アクセス解析の訪問者数ばかりにとらわれて、
モチベーションを落としてしまったり、時間を無駄にしてしまわないようにすることは、
非常に大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です